英語上級者もオンライン英会話受講するのがおすすめな理由

コロナ禍以降、一時は回線がパンクするぐらい人気急上昇したオンライン英会話。

「オンライン英会話は、中級まで」。そんなイメージ持ってたりしませんか?

TOEIC800点越え、旅行の英会話や、普通の日常会話には困らない・・・だからこそオンライン英会話は自分には違うんじゃないか?って思ってる人も多いと思うんですよね。

私もそう思っていた一人なのですが、今回、オンライン英会話を始めました。もちろん受講生として、です。

なので今回は英語上級者のあなた向けに、オンライン英会話を上級者が受けるメリット、おススメを解説しますね。

目次

英語上級者もオンライン英会話受講するのがおすすめな理由

オンライン英会話

突然ですが、あなたの英語は完璧ですか?

そういわれると「完璧ってわけでは・・・」って答えが出る人もいますよね。英語の大変さ、むずかしさなんて、上級まで頑張って上り詰めてきたあなたが一番知っているでしょう。

すでにご存じだと思いますが、英語は生き物です。使わなければその生き物は衰退してしまいます。いくらTOEICが満点だろうが、留学時にペラペラしゃべっていようが、もしかすると帰国子女であっても、です。

長いこと外国にいて、日本語を忘れかけてる人の話を聞いたことがありませんか?

そう、たとえ母国語だろうと、使わなければ失われるのです。だからこそ、定期的にメンテナンス(使う)ということをしないと、キープはできないんですよね。

オンライン英会話を上級者が受ける一つの大きな目的は【英語力維持】です。何かそこから学ぶ、というよりかは、維持しながら、より自然なフレーズを増やし、知らない表現を減らしていくことが大切ですね。

オンライン英会話受けるなら英語上級者はネイティブのレッスンがおすすめ

上級者英会話

さて、実際に【英語力維持】の大切さはお分かりいただけたのではないでしょうか。

では実際には「どういったオンライン英会話を使うか」をお話しします。ずばり、ネイティブ講師のレッスンが受けられるオンライン英会話です。

なぜネイティブから受けた方がいいのか?

英会話上級者のオンライン英会話受講の目的が【現状維持】なら、どうしてネイティブから受ける必要があるのでしょう?自分が話せたら非ネイティブでもよさそうですよね。

でもあなたは上級です。上級のあなたがより上級になるには、よりネイティブのような自然な表現を身に着け、発音を近づけ、いわゆる「ネイティブを目指す」くらいのことが必要です。

そうなると、非ネイティブの講師にはどうしても補えない部分が出てきます。だって、非ネイティブの講師はネイティブの環境下で育っていないから。

微妙な言い回しの違い、例えば

“I like to go shopping.”と”I like going shopping.”の違い

今回はシンプルなものを例に出しましたが、教科書では「意味は同じ」と教わったこの表現の微妙なニュアンスの違いを、いとも簡単に説明してくれるでしょうか。

確かに非ネイティブの講師と話せば、色々なアクセントに触れられるので、色々な英語のリスニングに強くなります。ですが、あなたはオンライン英会話を検討するくらい「スピーキング力」を伸ばしたいんですよね。

そうなると、やはり本場の人から、日本語を介さずに、英語を教わるのが一番理想的です。発音だって、やはり本場の人から教わった方が、本場の発音に近づけますよね。

本場の発音に近づく=本場の発音がより聞きやすくなる

ということでもあります。リスニングも上がるなんて、一石二鳥どころではありませんよね。

筆者のスペック

read

さて、英語の上級者に向けて語っているということで、筆者のスペックも少しだけ紹介しておきますね。

  • TOEIC910(満点じゃないのですが)
  • 英検準1級(満点じゃないのですが・・・)
  • 英会話講師
  • 留学経験(オーストラリア8か月)

現地の語学学校の「卒業(Advanced)」もしているので、一応現地の学校で認められた上級英会話者です。

自慢がしたかったんではありません。私も英語上級者の目線で、上級者の方におすすめなオンライン英会話のお話をしているという、信頼を持っていただきたかったからなんです。

英会話上級者のオンライン英会話に求める条件

私がオンライン英会話をしようと思い、検索、比較するときに持っていた基準がこちら。

  • 料金は月1万円まで
  • ネイティブ講師と追加料金なしで話せる
  • 数多くの講師が在籍していること
  • ネイティブの国籍が選べること
  • 予約ができること

性格的な問題ですが、追加料金を都度都度払うのって苦手なんですよね。もともとケチだった性分があるので、なんか渋っちゃいそうで自分を疑っていました(それが問題ない人は追加料金でもいいと思います)。

経済的なことも加味して、大体月1万円くらいで収まるといいなあと思っていました。当然のことながら予約のしやすさも大切なので、数多くの講師が在籍していること、予約もちゃんと取れることは口コミなども確認しながら探しました。

私自身オーストラリアに留学しててオーストラリア英語が懐かしかったので、国籍は選べる方がいいなというのも必須条件ではないですが希望ではありました。

その中で希望がすべてマッチしたのがCamblyでした。

英語上級者におすすめなオンライン英会話、Camblyの特徴

Camblyは最近YouTubeなどでも広告がよく上がってきますが、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど、ネイティブのみの人と繋がれるオンライン英会話サイトです。

これだけ便利なんです。箇条書きするとこんな感じです。

  • 料金形態が非常にフレキシブル!月額3190円~
  • 在籍ネイティブ講師数1万人以上
  • 24時間365日いつでも利用可能!
  • 予約もOK,しなくてワンクリックでも会話のスタートが可能
  • 講師の検索欄で評価も見れるので人気講師も一目瞭然
  • レッスンは録画されているので見ながら復習ができる
  • 携帯から、パソコンからどちらでも受講可

上級の方が、自分に合ったプランでネイティブと話せるCamblyが一番お勧めです!

クーポンで15分無料体験が受けられるので、このコードをぜひ使ってくださいね♪

クーポンコード:MONIMONICO89

気になるCamblyの料金

料金形態がかなりフレキシブルで、週1回、15分のプランでよければ月額2074円~参加できます。毎月更新だと月3190円~となりますが、それでもリーズナブルですよね!

毎日15分しようと思ったら、月額9744円~です。それでもネイティブと月額で話し放題のプランと比べたらかなり安いですね!

cambly料金

Camblyの講師の探し方

cambly検索画面

実際にどのようにオンライン英会話講師を探すのかというと、色々お好みで絞れます。

絞りかけられる内容は下記です。

  • アクセント
  • 学習レベル(初級・中級・上級)
  • コース(初中級、英会話、IELTS Speaking、Business English、Workshopなど19のコース)
  • 講師の人柄(親切で我慢強い、楽しくて社交的、学問知識豊富)
  • 予約したい日にち

加えて、自由ワードで検索することもできます。例えば「映画の話がしたいな~」と思ったら”movie”で検索してみましょう。

movie検索結果Cambly

検索結果は92件でした!92人も話し相手候補がいる・・・!

では次に、やはり日本に興味ある人がいい、と思って”Japan”で絞り込んでみると

Japan検索結果Cambly

検索結果は、100件でした(目視で数えました)。

このようにキーワードでも絞れるから、いろんな角度から講師を探すことができます。まさか性格でも絞り込めるとは、新しいですよね・・・!

実際に受けて思ったこと

オンライン英会話 英語上級者

私は15分のコースにしているのですが、意外と15分でも集中すれば、ちょうどいいかなって感じでした(もっと話したい気もしますが、満足しない方が続く気がします)。

もちろん相手の講師にもよるので、話が盛り上がったり、あとは相手がよく話す人だったら、ちょっと物足りなかったりもしそうですけどね。なので、しっかり話したい人は週3、もしくは1回あたり30分とかにする方がいいかもしれませんね。それでも十分リーズナブルだと思います。

IELTSスピーキングコースがどんなものなのかも気になったので、ちょっと今度受けてレポートしたいと思います!

英会話上級者にもオンライン英会話がおススメな理由まとめ

オンライン英会話 英語上級者

というわけで、総評して、英会話上級者も、今の英語力をキープしたい、もっとネイティブに近づきたいと思うのであれば、受けた方が断然いいですね。

このコロナ禍、HUBに出て行って自分で外国人の友達を増やすということも当面現実的ではありません。もちろん上級の方に友達を作る能力は備わっていますが、今は仕方ないですよね。

でもその間に英語力が落ちてしまうのはもったいなすぎますね!この間に、楽しみながら英語に磨きをかけるというのがいいと思いますよ!

その中でも上級の方が、自分に合ったプランでネイティブと話せるCamblyが一番お勧めです!

クーポンで15分無料体験が受けられるので、このコードをぜひ使ってくださいね♪

クーポンコード:MONIMONICO89

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる