英語上級者でもネイティブの英語が聞こえない理由5つと解決策

ネイティブの英語が聞こえない

英語のリーディングはできるし、テストの点数もある程度取れる、英会話講師のいうことも聞こえるいわゆる英語上級者なのに、なぜかネイティブの英語が聞き取れない・・・。これ、実は結構あるあるなんですよね。

今回は英語上級者でもネイティブの英語が聞こえない理由と解決策を紹介していきます。

目次

英語上級者でもネイティブの英語が聞こえない理由5つと解決策

ネイティブ英語

上級者でもネイティブの英語が聞こえない理由には、大きく分けて5つあります。

その5つを一つずつ見ていきましょう。

語彙が足りない

いきなり耳の痛い話かもしれませんが、正直なところ一番よくある理由ですね。

おおよその目安として、聞いている文章の10%以上わからない単語があると、一気に聞き取りにくくなると言われています。

ちなみに、ネイティブの語彙は下記のようなデータがあります。

  • 多くの成人ネイティブの語彙力は2万〜3万語
  • 8歳の平均的な語彙力は1万語
  • 4歳の平均的な語彙力は5000語
  • 成人のネイティブは中年になるまで、1日1単語ほど新しい単語を覚えていく
  • 成人のネイティブは中年を境に語彙力の成長が止まる

(参考:TestYourVocab

対する非ネイティブの語彙力というところで行くと、高校卒業時点で約5000語、英語上級と言われるTOEIC900点取る人で約1万語と言われています。

単純計算しても、TOEIC900点取るような上級者よりもさらに3倍語彙力があるんですね。

なので、知らない単語がたくさん出てくるのも無理はありません。

フレーズを知らない

仮に語彙を知っていたとしても、ネイティブはさらに、その単語と単語をつなげて数々のフレーズを生み出して話しています。

なので、会話で使われるフレーズというものに馴染みをつけておかないと、試験対策の単語だけでは不十分なんですね。

例えば、最近見てたドラマでも出て来たのですが、

“Easy come, easy go.”というフレーズ、意味わかりますか?

これは「悪銭身につかず」という意味です。

単語自体は中学1年生で習うものですが、フレーズとしては習ったことないですよね。

これは一例ですが、このようなフレーズというのが、本当にたっくさんあります。

知らなければ、とてもじゃないですけど、しっかり意味を理解することはできないですよね。

音のつながりを言えない

上級の方はご存知かと思いますが、英語は単語単位に発音してくれないですよね。繋がったり消えたり変わったりと、変化が激しいです。

例えば、この音、なんて言ってるかわかりますか?

アガラッパレイ

これは “I got up at eight.”という英語です。

「アイゴットアップアットエイト」って言ってくれるわけではないんですよね。

こんな短い1分でこれだけ音が変わるんですから、音に馴染みがないと、聞こえないのは無理ないですよね。

英語を英語のまま理解できない

英語を聞きながら日本語を考えてしまう、訳して理解しようとしてしまう場合、英語の話者のスピードについて行って理解するのはほぼ不可能でしょう。

そんなことができるのは同時通訳者の人だけです。そして同時通訳者の人は、日本語と英語を同時にだすために、非常に難しい訓練を積んだ人です。

ネイティブと対等にコミュニケーションをしたいというのが英語を学ぶ目的なのであれば、日本語を同時に出して理解する必要はありません。

なので必然的に、なるべく英語のまま理解して、英語の語順にも慣れていく必要があります。

英語は国・地域によって全然違う

日本語でもそうですが、地域によって全然話し方も使っている語彙も違います。

例えばよくでる例がイギリスとアメリカ。

ズボンを英語に直すと

イギリス→trousers

アメリカ→pants

なんですよね。ちなみに、イギリスでpantsは下着の「パンツ」という意味になってしまうので、なんなら注意が必要です。

発音に関しても、イギリスはTをしっかり発音しますが、アメリカ英語は先ほどのようにTがフリップされて「ら」のような音になったりと、全然違います。

なので、あなたがどこで英語を使うのか、またはどこの英語が好みか、も考えて選ぶといいでしょう。

ネイティブの英語が聞こえるようになる方法

ネイティブ

では、具体的にどのような対策をすれば、ネイティブの英語が聞こえるようになるのでしょうか。

先ほどの聞き取れない理由の中からあなたに当てはまるものを選んで実践してみてください。

語彙を増やす

「ある程度話せるのに、今更語彙なんて・・・」そう思う気持ち、すっごくよくわかります。

でも、ネイティブの英語が、語彙が足りないから聞こえないって悔しくないですか?

あなたの聞き取れない理由が語彙だけなのであれば、しっかり聞けるようにはもう一踏ん張りと言ったところ。

フルマラソンでいう30キロあたりじゃないでしょうか。もう少し、あと少し頑張りたいですね。

なので、ご自身のレベルにあった単語教材で、日々、通勤中、寝る前、起きてから家を出るまでなど、隙間時間でもいいので学びましょう。

あなたがすでにTOEIC800点あるのであれば900点教材の単語を、900点あるのであれば英検1級の単語教材を使って単語を増やしていきましょう。

今頑張ればよりしっかり英語が聴こえるようになるはずです。

スラングやフレーズを増やす

先述したとおり、いくら語彙力があっても、フレーズやスラングを知らなければ聞き取れません。スラングは地域によっても違いますが、ネイティブが総じてよく使うフレーズに関しては覚えておいて損はありません。

フレーズを習得するのにおすすめなのは「日常会話をよく話すドラマ」です。

なので、アクション系とか刑事物とかではなく、高校生のドラマや家族もの、友達もののドラマをみて、知らないフレーズをどんどんメモしていきましょう

私がお勧めするのは、少し古いドラマですが、フレンズ、ビバリーヒルズ高校白書です。

この2つは非常に聞き取りやすい英語を話してくれています(たまたまだと思いますが)。でも、しっかりフレーズは出てきます。

私もTOEIC900点は超えていますが、今もなおドラマから、そしてオンライン英会話からネイティブのフレーズを学び続けています。

オンライン英会話は、上級の方はネイティブから学べるCamblyがおすすめです。

オンライン英会話を検討中なら、Camblyがおすすめ(筆者も愛用中です)! Camblyネイティブの人といつでも繋がれるオンライン英会話サイトです。
  • 料金形態が非常にフレキシブル!月額3190円~
  • 在籍ネイティブ講師数1万人以上
  • 24時間365日いつでも利用可能!
  • 予約もOK,しなくてワンクリックでも会話のスタートが可能
  • 講師の検索欄で評価も見れるので人気講師も一目瞭然
  • レッスンは録画されているので見ながら復習ができる
  • 携帯から、パソコンからどちらでも受講可能
こちらから飛んでもらえれば15分間の無料体験レッスンが受けられます!(コード:MONIMONICO89)

音のつながり【リエゾン】を習得

音がつながって聞こえないのを聞こえるようにするには、自分もその英語をみて、音を自然と繋げて言えるようにするしかありません。

脳科学的に

自分が言えるもの=聞こえる

という方程式があります。なので、発音に興味ない人も、リエゾンは学ぶ必要があるんですね。

今は無料で教材もいっぱいあるので、リエゾンをまずは練習してみてはいかがでしょうか。

英語を英語で捉える

英語を日本語化していたら、英語話者のスピードに間に合わないとお話しましたね。

それを解決するには、英語を英語で理解する、いわゆる【英語脳】を育てるしかありません。

そのためには、【独り言英会話】がおすすめです。

1人でいるときに、身の回りあるものを英語で説明したり、自分が脳内で考えたことをあえて独り言として英語で言ってみてください。

1人でも思っていることを英語にすることを習慣化すると、自然と考える段階から英語になってきます。

英語で考えて英語で言えるようになってくると、逆も然り、英語を英語で捉える癖がついてきます。

そして英語の語順になれるために、英語を前から理解していく、サイトトランスレーションやスラッシュリーディングと言われる手法を練習するのもいいでしょう。

リーディングによく使われる手法ですが、リスニングも同じインプットなので有効です。頭から、綺麗な英語にせず、そのまま捉えていきましょう。

英語の語順に慣れるために面白いYoutube動画があったので参考にしてみてください。

英語の語順の感覚を身つけて、言いたいことをぱっと言えるようにするトレーニング

ネイティブの言ってることが聞こえなければ、聞き返してよし

ネイティブ英語

ちなみに、一発で一言一句全部聞かないといけないと思い込まなくて大丈夫ですよ。

実は、ネイティブ同士も結構聞き返してます。

だって、あなたも日本語でも聞き返すことないですか?

ついつい、自分の言語じゃない、一生懸命学んで得た言語だから、非ネイティブと舐められないために1回で聞かなきゃ、って思いがちですが、全然聞き返していいです。

“Sorry?(語尾あげる)”だけでOKです。

実はそんなに “Pardon?”って言わないんですよね。言ってもいいですけどちょっと硬いかな。

ネイティブの英語が聞こえない理由と対策まとめ

ネイティブの英語が聞こえない理由は、大きく分けて5つです。

  • 語彙が足りない
  • フレーズを知らない
  • 音の繋がりを言えない
  • 英語のまま理解できない
  • 地域によって違う

そして、それを克服するには、その苦手意識を解消するしか方法はありません。

  • 語彙を増やす
  • ドラマやオンライン英会話でフレーズを増やす
  • 音のつながり【リエゾン】を言えるようにする
  • 独り言英会話で英語脳を養う

よりネイティブと対等に話ができるようにするために、ぜひ、ご自身に合った対策からやってみてくださいね!

オンライン英会話を検討中なら、Camblyがおすすめ(筆者も愛用中です)! Camblyネイティブの人といつでも繋がれるオンライン英会話サイトです。
  • 料金形態が非常にフレキシブル!月額3190円~
  • 在籍ネイティブ講師数1万人以上
  • 24時間365日いつでも利用可能!
  • 予約もOK,しなくてワンクリックでも会話のスタートが可能
  • 講師の検索欄で評価も見れるので人気講師も一目瞭然
  • レッスンは録画されているので見ながら復習ができる
  • 携帯から、パソコンからどちらでも受講可能
こちらから飛んでもらえれば15分間の無料体験レッスンが受けられます!(コード:MONIMONICO89)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる